とあるIT屋の独白

ITや経営について主に書きます

APIエコノミーとは

以前に本ブログで、様々なAPIが公開されていることを取り上げました。

http://toaruit.hatenablog.com/entry/2018/05/30/012828
今回は、最近時々聞くAPIエコノミーなるものについて取り上げたいと思います。

そもそもになってしまうのですが、エコノミーとはどのような意味になるか、まず調べてみました。直訳すると概ね「経済」となるのですが、もう少し深く意味追っていくと秩序や統治といったものが語源になるそうです。

【imidas エコノミー】
https://imidas.jp/genre/detail/L-101-0075.html

さて、APIエコノミーでいうところのエコノミーの意味合いですが、経済圏やルールといったものが内包されている感じがします。いくつかの記事でAPIエコノミーについて解説されてますが、考え方としては下記の記事が個人的にしっくりきます。

【繋ぐことで生まれる「APIエコノミー」の衝撃 Uber、FinTechを支える新・経済圏とは?】

https://toyokeizai.net/articles/amp/107473?display=b

APIエコノミーはAPIを使って他社の「ビジネス」を呼び出す、という考え方が大事なのかなと感じます。他社と協業などするときは従来、利益の配分とかトラブルが発生したときの責任とかを明確化して、契約書に残していきます。APIエコノミーは極論、協業相手にAPIの使用許諾さえ与えれば成立するので、いろんな企業とAPIを通じて手軽にコラボできるわけです。
ただ、手軽にコラボできる世界を実現するには、まだ課題があるかなと思います。下記の記事の通り、セキュリティ面であるとかAPIの使い勝手が挙げられます。

APIを利用したエコシステムの構築を阻む壁は何か?】
https://codezine.jp/article/detail/10938

 

ビジネスに対してAPIの利用の重みづけが大きくなれば、よりAPIエコノミーも広がるかなと感じます。

ロボットの活用事例(2019年)

AIの進歩が進むと同時に、Pepperに代表されるようなロボットの活用というのも徐々に進んでるようにみられます。今回はロボットの活用事例を紹介してみたいと思います。
まずは、カフェでの活用。スマホで注文すると、ロボットが配膳してくれるカフェがあるそう。ロボットが自立走行型なのが特徴です。

【国内初の次世代カフェ「スマホで注文&決済でロボットがデリバリー」】
https://amp.review/2018/12/11/robot-cafe/

介護は人不足がさけばれている業界ですが、ロボットの導入が進められている分野ではあります。現在は介護で発生する業務の補助的な役割が主のロボットが多いですが、AIの活用が進んでいくと、より自動化されていくのではと感じています。

【人手不足解消の切り札、介護ロボットが切り開く未来】
https://www.minnanokaigo.com/guide/care-trouble/carerobot/

また、ロボット活用の別のアプローチとして、就労支援があげられます。下記の記事で紹介されているのが、障がいを持っている方のアバターとしてロボットを使う例です。

【【速報】分身ロボットカフェ「DAWN」ついにオープン!障がい者が遠隔操作で接客、新しい就労支援へ】
https://robotstart.info/2018/11/26/dawn-open.html

ロボットは人手不足の対策として、これからの可能性を感じますね。

Web3.0とは何か

数年前まではWeb2.0が話題になって、SNSに代表されるような双方向のコミュニケーションをとるツールが、普及していったように思います。時は過ぎて、次はWeb3.0と呼ばれる時代がくるといられています。
Web3.0とはどのようなものでしょうか。Web3.0とセットで語られるのがブロックチェーンになりますので、基本的には要素技術として使われるものとなります。下記の記事に概要は記載されていますが、Web3.0では2.0のようにプラットフォームの提供者を介さずに、個人同士でやりとりが出来るという世界観になります。

【【 Web3.0とは 】ブロックチェーンが普及した日常とWeb3.0の世界観】
https://kusacurrency.com/jornal/web3/

Web3.0では具体的にどのようなサービスが考えられるか、イケハヤ先生のブログ記事が参考になります。以前に本ブログで紹介したDAppsのゲームや、分散型のストレージなどがあげられています。

【【事例で解説】「Web3.0」とは何か?普及するのか?】
http://www.ikedahayato.com/20180219/74516919.html

Web3.0の詳細な特徴は、下記の記事にて紹介されています。Web2.0はサービスの提供者がデータなどの情報を一元管理するのに対し、3.0では分散型で参加者が保存する形になります。これにより、サービス提供者がみだりにデータを売買するなどの行為ができないようにすることができます。

【Web 3.0の6つの特徴】
https://www.mermirai.com/entry/web30

Web3.0とは少々それますが、少し前にアパレルメーカーにZOZO離れが起きていることが話題になりました。自社の商品データ管理や販売をZOZOに一任するのではなく、アパレルメーカ独自で管理していく、そんな動きがWeb3.0の流れにかぶるなぁと感じました。

ユナイテッドアローズのZOZO離れに何を見る】
http://shogyokai.jp/articles/-/1473

キャッシュレスは浸透するのか

最近はPayPayなども話題になり、以前に比べるとキャッシュレスの決済が認知されてきているように思います。安部総理が戸越銀座で、キャッシュレス決済してたのが、少し前に話題になったりしましたね。

戸越銀座商店街視察】
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201902/02shisatsu.html

さて、かなり前にロイヤルホストを運営しているロイヤルHDが現金が使えない店を、実験的に運営しています。

【「現金お断りの店」は、その後どうなったのか? ロイヤルHDの実験】
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1901/02/news006.html

 

記事にもありますが、実験を行った感触では現金を利用禁止にすると売上が下がるとみられること。現金を扱わないことで店舗オペレーションの効率化は図れるだろう、ということです。
まだまだ現金でもよいという人が多い中、キャッシュレス決済についてアンケートをとった結果が、下記にあります。現金派の方たちは現状、現金でも不便を感じていない点と、キャッシュレス決済に使いすぎやセキュリティの面で不安があるとのこと。

【“現金派”が多い20代に「セキュリティ」と「使い過ぎ」が不安。キャッシュレス決済に関する調査】
https://amp.review/2018/11/13/cashless-3/

仕組みがよくなって、利便性等が向上すれば、よりキャッシュレス決済も広がるのかなと感じます。

DevRelとは何か

IT系の記事を読んでると、たまにDevRelという言葉を見かけることがあります。今回はこのDevRelについて、少し調べてみました。
DevRelはDeveloper Relationsの略でPR(Public Relations)と同様、認知度向上などの目的で行われる活動です、対象が開発者になります。開発者へサービスや会社等をアピールするので、広告を出すというよりは技術関係のブログ記事を書いたりとか勉強会やコミュニティで人を集めるとか、けっこう深めのコミュニケーション手段がとられるようです。下記の記事にて概要が解説されています。

 

【最近よく聞く「DevRel」ってなに】
https://utill.co.jp/2016/07/27/about-devrel/

現状でも多くの開発者向けコミュニティや記事がありますが、情報の受けて側も諸々、取捨選択する必要があります。下記の記事は、受けて側がどのようにコミュニティに参加すればよいかという視点で書かれています。

【コミュニティを探そう、参加しよう、アウトプットしよう――DevRel流、開発者コミュニティの歩き方】
https://codezine.jp/article/detail/11356

受け取り側も情報を受け取るだけでなく、アウトプットしていくよう意識していくことも大事ですね。

SEOとSEMの違い

サイト運営やアフィリエイトとかに取り組んでいる人であれば、SEOは気にするところでしょう。ここら辺の分野を少し深く調べてみると、似たような概念でSEMという単語を見かけることもあると思います。このSEOSEMの違いについてふれてみます。
違いに関するざっくりとした内容は、下記の記事になります。SEO検索エンジンでより上位に表示されるような対応で、SEMSEOに加えて、広告も活用して検索結果画面にサイトを表示させる対応になります。

SEOSEMの違いは何か?図解にすると簡単にわかる】
http://free-web-hope.com/difference-seo-sem

自社サイトをビジネスとして利用していく場合は、SEMまで広げて検索エンジンの対応を検討してもよいかなと思います。SEOだけだと改善した効果が即検索結果に反映されないこともあり試行錯誤がある程度必要とみられますが、リスティング広告だと有料ですが効果が把握できるのが特徴です。

【「SEM=リスティング」ではない!SEMの概要と使い方をご紹介!】
https://marketer.jp/listingad-sem-overview-howtouse.html

最近だとSEMの効果分析を包括的に行えるようなツールも出ているようなので、いろいろなツールを組み合わせて使うよりも、もしかしたら効率的に分析とかできるかも。

【オロ、競合分析・SEO対策・広告効果改善が可能なSEMツール「SEMrush」を国内で販売開始】
https://markezine.jp/article/detail/30052

KPIについてあらためて考えてみる

組織や個人の成果を測るために、何かしらのKPIを設定して計測することは、おそらくどこの会社でも行なってることだと思います。ただ、このKPI、そもそも指標自体が実情とあっているのかといったことが、あまり見直されずに運用されてしまっていることもあるかなと感じます。
下記の記事は、WebサイトにおけるKPIの選定に関する記事です。元々、LOHACOではKPIとしてCVR(Conversion Rate)を設定していましたが、顧客満足度という観点から外したというものになります。

【LOHACOがCVRを重要KPIから外した理由――その施策で誰の何を解決するのか、説明できますか?】
https://markezine.jp/article/detail/29803

KPIを決める大事な観点としては、そもそも今やっていることが「誰の何を解決する施策なのか」ということもポイントと思います。
我々、個人個人の目標を設定する際も、まずはなりたい姿があるかと思います。そこに対する課題があるわけで、どのように解決すれば良いかというアプローチも使えると感じています。例えば、下記にあるマンダラートのようなフレームワークを使って、なりたい姿や目標と自分のするべきことを挙げていくといった方法が考えられます。

【9つのマスから無限のアイデアを生み出すマンダラート発想法】
http://idea-soken.com/mandal-art