とあるIT屋の独白

ITや経営について主に書きます

正義と中庸について考えてみる

少し前にキンコン西野さんが、もうTwitterはやらないと語っている記事がありました。「Twitter村は「正義」「正解」「正論」の理屈で回っているので、間違った人が許されない」ことが、その理由だそうです。

キンコン西野、バッシングが方向づけた現在「“2ちゃんねる化”したTwitterはもうやらない」】
https://www.oricon.co.jp/special/53137/

「「正義」にはブレーキが搭載されていない」というのは西野さんの上手な表現なのですが、正義を主張している人はそれが絶対に正しいと思っているから、いくら反対意見を言ったところで聞き入れてもらえないことの方が多いと感じます。もちろん自分の意見を主張すること自体は大事なことですが、他の人の意見を聞くということも他方では大事なことと感じています。
これは議論の仕方というものに通じていくと思います。本来、議論するということは勝ち負けを決めるものではなく、より良いアイデアや対応策などを生み出す為に行うべきものと私は考えています。頑に自分の主張を貫き通すのではなく、事実や他の人の意見を参考にしながらより良いものを目指すということができると、Twitterも利用する価値があるツールになってくるのではと感じます。

コンサルタントだった頃学んだ「議論がうまい人」とそうでない人の5つの差異。】
https://blog.tinect.jp/?p=45811

どうしても意見をたたかわせると、自分の主張を貫き通したくなる気持ちは私もわかります(若い頃は私もそんな感じでした・・)。そんな時に大事になってくるのは「中庸」の考え方になります、中庸とはざっくりいうと、かたよりがない状態や中間の状態をさしています。

【中庸】
https://kotobank.jp/word/%E4%B8%AD%E5%BA%B8-97476

特に政治のトピックとかは顕著だと思いますが、意見が違うグループ(政党)の対立が続くことが、社会にとって有益ということにはならないケースの方が多いです。下記の記事でふれられていますが、勝者の方が大多数になると少数派がものを言えない状況になり、結果として生きづらい社会になる恐れもあります。

【「中庸」の価値を再考する】
http://agora-web.jp/archives/1613687.html

今の日本において、そのようなよろしくない傾向が進んでいる気が個人的にしていて、この雰囲気を変えるには、一人一人が中庸的な考えをもって発言することが大事と考えています。では具体的にどのようなことを心がけるべきか、以下の記事で春名風花さんが、Twitterで意識してることなど参考になると思います。

【現在18歳の元子役ツイッタラーはるかぜちゃん(ω)。 Twitterのバズと炎上を振り返る。】
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2019/019605.html

人と接するときは自分の正義をふりかざすのではなく、まずは色々な可能性を考えてみるということが大事と思います。正義と正義のぶつかり合いは、分かりあうことが出来ないケースが多いので、いかに相手の背景など理解して異なる視点を提示できるかが中庸に向けた一歩目なのかなと感じます。

Cloud Spannerとは何か

データベースに詳しい方なら、「CAP定理」というのを聞いたことがあると思います。CAPの定理とは、データベースにおいてConsistancy(一貫性)、Availability(可用性)、Partition-tolerance(分断耐性)は3つ同時には成立しえないというものになります。
ただ、すこしまえにGoogleが発表した「Cloud Spanner」は完璧でないにしろ、この3つをカバーしたサービスであるとのこと。CAP定理と併せて、下記の記事で紹介されています。

【CAP定理とCloud Spannerについて】
http://tech.innovation.co.jp/2017/08/09/Brewers-C-A-P-Theorem-and-Cloud-Spanner.html

「Cloud Spanner」の特性について、もう少し掘り下げたのは下記の記事。基本的にはNoSQLがベースのようです。まぁ、ぶっちゃけ、落ちて可用性が担保できないときもあるけど、大体のケースは拾えるからOKという感じのよう。

【夢のデータベース? 「Cloud Spanner」の実力は?】
https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1706/29/news040.html

さて、実際にCloud Spannerを使った事例が下記のコロプラ社の記事。可用性は高めであるものの、基本的には情報がまだ少なく開発も直につなぎにいかないとダメな様子。

コロプラがSpanner+GKEの新技術を導入、成功させられた5つの理由とは【デブサミ2019】】
https://codezine.jp/article/detail/11434

実際にCloud Spannerを使って、クエリを投げているのを紹介しているのが下記の記事。値段も高いらしくテストだけでも大変そう。。そしてCREATE TABLE & INDEXを単体で投げると8分かかるという、イマイチな仕様・・。

【Cloud Spanner をつかったテストのやり方】
https://qiita.com/castaneai/items/c49b9c3c49a7ccc060dc

もちろん、まだ出たばかりということもあるので、コストが下がってきたら試してみたいなとは思います。

知恵とは何か考えてみた

おばあちゃんの知恵袋と言われるように、歳をとっても知恵は身につけておきたいものです。仕事をする上でも、知恵を使えと言われるときもあるかもしれません。ただ、この「知恵」ですが、雰囲気はなんとなく分かるものの、実際にどんなものを指しているかは私自身あいまいだったりします。
似たような言葉で「知識」があるのですが、何が違うのでしょうか。下記の記事にまとめられています。

 

【知識と知恵の違いを知る-生き方が分からない人生を変える】
https://leader.jp-unite.com/ikikata/

知識とは物事を認識・理解をしていることですが、知恵は判断し処理をする能力と書かれています。これは個人的な解釈なのですが、知恵とは実行する能力となるのかなと思います。
下記の記事では、知恵は「予見すること」という解釈をしています。知恵を身に付けるためにはある事柄に対する深い理解と、自分なりの信念が必要とのこと。

【情報時代に本当の知恵は生まれるのか?】
https://www.lifehacker.jp/2017/08/170825_real_wisdom.html

知恵とは、すぐに身に付くものではなく、自分の経験や価値観の中から生まれる実行力のようなものではないでしょうか。ある分野に優れた人・つまり知恵のある人なら、物事を進めるにあたってのリスクポイントであるとか見通しがたてられて、実行した結果も上手くいくのかなと感じます。

広告クリエイティブについて調べてみた

私が現在、広告の配信システム(アドテク)に携わってることもあり、「クリエイティブ」という単語を聞かない日はありません。クリエイティブとは本来的な意味は「創造的」となるのですが、広告クリエィテイブというと少し意味が異なってきて画像等の素材を指します。日本独特の表現のようです。

【広告クリエイティブの意味・解説】
https://www.weblio.jp/content/%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96

広告クリエイティブは画像だけでなく、動画等のコンテンツも見かけることがあると思います。例えば下記の東京個別指導学院の例では、広告にGIFアニメを使ってTwitter広告のエンゲージメント率が4倍になったそう。いかにユーザの目を引くのかといったのも大事なポイントかなと感じます。

【“繰り返し見たくなる3秒”でエンゲージメント率4倍超え!東京個別指導学院の「GIF」活用】
https://markezine.jp/article/detail/30419

また、下記の記事にある通り、サイト訪問ユーザによって画像を自動的に生成するようなサービスもあるそう。ここまでピンポイントの情報が表示されると、オッと思う反面少し気持ち悪さも感じてしまうかもしれませんが。。

【クリエイティブ作成の自動化が変える、エージェンシービジネス [インタビュー]】
https://www.exchangewire.jp/2019/05/07/interview-adk-ms-creative/

下記の記事は、クリエイティブの効果を事前に予測できるツールについて。画像等のコンテンツは出たとこ勝負な部分があるかなと思ってましたが、徐々に費用対効果も可視化できる仕組みが整っているようです。

【広告クリエイティブの効果を配信前にAIが予測、電通グループ4社が「MONALISA」を開発】
https://marketing.itmedia.co.jp/mm/spv/1903/20/news082.html

モブプログラミングとは何か

モブプログラミングという言葉を、たまに見かけることがあります。言葉だけだと、どんな内容かあまり想像できないと思いますので、今回少し調べてみました。
モブプログラミングは、複数人で集まって意見を出し合いながらプログラミングする方法です。「モブ」自体は元は群衆という意味だそうです。各自で分担する方が効率がよいと思われるのですが、一人だと行き詰まったりとか妥当な実装方法が分からなかったりするときもあって中々進まない時もあります。そういうときには導入してもよいかなと感じました。

【「挫折した人にも読んでほしい」日本の第一人者に聞く、「モブプログラミング」の魅力とは?】
https://type.jp/et/feature/10082

長かったり複雑なソースコードを読むときに、モブプログラミングを導入してみたという事例は下記の記事にあります。特に複雑な箇所については一人で読みきるのが困難なときもあるので、取り組みとしてはいいものだなと感じました。

【モブプログラミングで技術的負債に立ち向かう「チームでコードを読む」ことがもたらすもの】
https://logmi.jp/tech/articles/319650

健全な競争ってなんだろう

私はここ数年、競争というものが嫌いで、できることなら競争せずにゆっくり過ごしたいと考えながら生活してきました。今回はこの競争について、私の考えを書いてみたいと思います。
この競争社会の中で、競争したくないという甘いことはいってられません。社会の競争で勝てなければ、家庭でも居づらくなるということにも、なりかねないわけで(私はまだ家庭はありませんが…)。下記の記事のように、生きにくい状況にもなってしまいます。

【日本のいびつな男女格差。なぜ男も女もツライのか…】
https://limo.media/articles/-/9229

そもそもになってしまいますが、今日本で行われてる種々の競争は果たして意味がある競争なのでしょうか。例えば、年収であったり売上であったり学歴であったり偏差値であったり、、、一般的に多くの人が競争する上での共通指標はこんな感じかなと思いますが、果たしてこれは競争として健全な姿なのか。
健全な競争とはどのようなものか。下記の記事でふれられていますが、恐れや疲弊を生むものは不健全で、互いを尊重できたり成長につながるのが健全といえるもの。私もなんとなくですがそう思います。

【競争のススメ】
https://www.motivation-up.com/up/race.html

また、下記の記事でふれられている通り、健全な競争をおこなうために、そもそもどういう環境でどういうルールで競争するか、という観点も必要になってくるわけです。ここに不公平感があるから、そもそも競争なんてやってられない、という人も出てくるのかなと感じます。

【子どもたちに正しく「競争」を体験させ教えないといじめもなくならない】
http://agora-web.jp/archives/1473298.html

少し極端な例ですが、アメリカ育ちのAさんと日本でずっと暮らしてるBさんがいて、AさんがBさんにTOEICの点数で勝負しようと持ちかけたらBさんはどう感じるでしょうか。普通に考えたらBさんは遠慮しとくよ、と言うと思います。ただここで、Aさんが仮にめっちゃ偉い人で、TOEICの点数が年収にも関係するというルールが作られたら、どうでしょうか。Bさんは嫌々ながらも、この競争に参加せざるをえないわけです。
ルールを決めるのは勝者の特権です。このルール通りに競争することで、参加者がそこそこ豊かになれれば、まぁいいかなと思うのですが、現在の日本はそうなってないケースが多くなってきてると感じます。一昔前は通用してたルールが環境変化に追いついてなく、そもそもそのルールの勝者でさえ疲弊するという、不毛な競争が行われてるのが現状露見されつつあるように思えます。
じゃあどうすればいいかというと、より多くの人が前向きに競争に参加できるよう、競争のルールを見直すのと、競争の種類を増やすことが、必要な時期にきてると考えています。下記の記事でふれられていることのですが、今の日本はダウントレンドに入ってしまっていて、打開するには多様性が必要になってくる、という考えに近いものがあります。

【国民性と多様性と競争力】
https://note.mu/taejun/n/n27dcf8f75319

上でも書いたことですが、競争とはあくまで「互いの尊重」と「成長」のためにあること。より多くの人が健全な競争に参加できることが、すなわち多様性につながり、最終的な日本のアップトレンドにもつながると思います。
今自分の目の前で繰り広げられている競争は、果たして健全なのか。もし自分が疲弊してたとしたら一度、立ち止まって考えてみるのもよいのではないでしょうか。

OODAループとは

仕事をしてるとPDCAをきちんと回せ、と言われることは一度はあると思います。ちゃんと計画を立てて物事がちゃんと進んでいるかチェックすることは大事です。PDCA自体は製造業における品質管理で元々用いられて、製品の品質のバラツキを少くする目的でとりくまれていました。その後、ビジネスの様々な場面で使われるようになってます。

【「PDCA」の意外な歴史と本質】
https://marketing.itmedia.co.jp/mm/spv/1301/09/news007.html

最近はPDCAの代わりに「OODA」を使おうという記事をたまに見かけます。OODAは下記の記事の通り、みる(observe)・わかる(orient)・きめる(decide)・うごく(act)でループをまわしていきます。元々は米軍で作られた思考方法で、その場その場で早く行動することを意図したものとなります。

【「OODAループ」:「PDCA」では生き残れない】
http://iandco.jp/%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/ooda%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97/

PDCAとの比較については、下記の記事も参考になります。PDCAは計画通り実行できるかを主眼においていること、OODAでは状況の変化にいかに対応するかを主眼に置いてるのが、大きな違いと感じます。

PDCAがAI時代では「オワコン」な根本理由】
https://toyokeizai.net/articles/-/266207

中々、計画通りにうまくいかないときは、やはりまず動くというのも大事だと思いますので、PDCAのやり方で行き詰まった場合は、OODAのアプローチも試してみると良いかなと思います。