とあるIT屋の独白

ITや経営について主に書きます

ミスやコンプライアンス違反の根本対応について考えてみる

少し前ですが茨城県自治体で、下水道の設計ミスにより職員の給料を下げる、との記事がありました。

www3.nhk.or.jp


個人的には、ミスにより給料を下げるのは悪手だと思うし、何より大事な観点としては失敗は再現性が高いということです。事実、茨城県での設計ミスも過去に何度か同じようなことがあって、給料を下げることになったようです。
ミスを許さない雰囲気は、ミスを隠すことにつながるリスクがあります。ミスを隠すとなると、今度はコンプライアンスの問題にもつながるので、あまりよろしくないかなとは感じます。ミスを責めるのではなく、どう解決するかという方向にいかないと、中々根本解決はしない気はします。

diamond.jp


解決となると大体はダブルチェックとか、チェックシートという話になりがちですが、それにも限界は出てくるでしょう。以下は悪い事例になりますが、膨大なチェックリストを作成したにもかかわらず、ミスが起きコンプライアンスの問題にまでなってしまいました。

10mtv.jp


ダブルチェックやチェックシートを全否定するわけではありません。有効に機能する場面も、もちろんあるでしょう。ただ、以下の記事で触れられているような、現実世界での問題をきちんと分析した結果導き出した手段でないと、とんちんかんな対応になってしまうリスクが大きくなると私は考えます。

i2key.hateblo.jp


付け焼き刃の手段でその場しのぎのようなことをどのように避けるか、精神論になってしまいますが「義務を負い責任を果たす」という、以下の記事に書いてあるようなことが大事になってくると感じます。どうしてもミスの対策として手法論に行きがちなのですが、現実世界での問題を深掘りしていくには、自分の責任ってどんなもんだろうっていうのを思考する必要はあると思います。

gihyo.jp


では、問題の深掘りや責任について、どうすれば考えてもらえるか。一つ案として挙げられるのは、以下の記事のようなストーリーを定義することが挙げられます。記事中では、

keiei.freee.co.jp

これまでの日本企業のビジネスモデルは、同じことを均質的・同質的にやってくれる人が求められていました。しかし、今後はそういった人材を育てていても企業を成長させ続けることは難しく、多様な人材がいなければマーケットに刺さる商品やサービスは生み出せません。

と述べられているように、いわゆるマニュアル的に決まったことをやるだけでは、価値ある成果が出せない世の中になってきていると私は感じます。マニュアルがダメとか言ってるわけではありません、マニュアルを使って「どのように価値を出すか」を考えるのが求められる時代になってきてると感じます。
人によって価値観はやはり異なるので、自分が思う価値と会社が求めてる価値の方向性を合わせていく必要はあるでしょう。そこで思考停止して、やっつけ仕事をしてしまうと、ミスを誘発するリスクは高まるようには感じます。

トラブルをコンテンツとすることに対して感じること

ネット等でたびたび話題になるBreakingDown。この興業が始まってから2023年で2年経つのですが、まだ人気は継続してるようです。
BreakingDownは格闘技イベントとしてカテゴライズされてますが、その内容について賛否両論あります。そりゃ真面目に格闘技をやったり観たりする人からすれば、邪道だと言いたい気持ちは分かります。
では、そもそもBreakingDownは格闘技イベントなのかという話になると、個人的には違うかなと考えています。この興業の顔とも言える朝倉未来自身が「みんなトラブルが見たいんです」と言ってる通り、トラブルを意図的にコンテンツ化したものと私は捉えています。

number.bunshun.jp


トラブルが発生すると、どうしても注目はされてしまうし、私も気になって見てしまいます。ただ、それがコンテンツかと言われると、個人的にはコンテンツと呼べるものではないと感じます。とはいえ、世間的にはトラブルで注目を集めるのを良しとする層もいるので、以下の青汁王子のコメントの通り「迷惑かけても有名になれば需要」というのは、その通りであるかなと感じます。

news-vision.jp


ただ、トラブルで注目を集めることを良しとすると、真面目に物事に取り組むのはバカバカしくなる、となる気持ちは出てくるでしょう。個人的には真面目に取り組むことが評価されるべきであると考えていて、トラブルを起こすことはマイナスに作用する社会が健全であると感じます。なので、トラブルを起こす人に対して利益をもたらすようなことは、極力避けるべきと思います。
繰り返しになりますが、トラブル自体はやはりどうしても見てしまうので、我々にできることはそういう人に、お金を与えないということだと考えています。なので、特に企業については、注目を集めやすいからといってトラブルを起こす人をマーケティングに使うのは、本来企業が果たすべき社会貢献という意義とは外れる行為と感じます。

通貨の信頼性について考えてみる

昨年の後半終わり頃から今年にかけて、仮想通貨の信頼性について中々厳しい状況になってきています。FTXの破綻がまだまだ尾を引く可能性があり、当面はちょっとなぁという感じはします。通貨の信頼性を担保するのは中々簡単ではないですが、そもそも信頼性ってなんぞやという話はあります。というわけで、今回は通貨の信頼性について少し書いてみたいと思います。

まず通貨と言えば法定通貨が挙げられます。法定通貨については、前に書いた以下の記事で触れた通り、

toaruit.hatenablog.com

安定性や利便性が、信頼性につながっていくと考えています。特に安定性については大事で、例えば戦争が起きたりとかクーデターが起きたりする国の通貨は暴落するように、政情と通貨の信頼性はかなり関わってくるでしょう。我々がなぜ税金を法定通貨で払っているか、その意義の一つとして、国家が自分達の生活を保証してくれるからという点があると思います。

法定通貨以外に考えられる通貨の一つとして、いわゆるゲーム内通貨のように特定のサービスに閉じた中で使えるような通貨が挙げられるでしょう。サービス内通貨の信頼性としては、サービスの質と継続性にあると考えています。オンラインゲームなどでも、ユーザが集まっているゲームの通貨価値はある程度信頼できるだろうし、RMTリアルマネートレード)のように法定通貨との交換などが行われていたりします。

では冒頭に触れた仮想通貨ですが、仮想通貨の信頼性は何なのかというと、個人的には今の段階では「期待感」の面が大きいと考えています。例えばビットコインを持っていたところで、どこかの組織が生活を保証してくれるわけでもないし、すごく便利なサービスが使えるというわけでもないです。ある種の「世界を変えてくれる」みたいな期待のようなものが、今の信頼につながっている気はします。ただ、そのような信頼を得られるのは今となっては一部のコインだけと私は考えていて、直近でプロジェクト停止に追い込まれている通貨も多数あります。

coinpost.jp


期待感だけでは信頼を得られなくなっている以上、仮想通貨はどうなるかというと、サービス内通貨のような方向性にいくのではと、個人的には予想しています。以下の記事にあるように、スクエニイーサリアムのチェーン上にNFTのコンテンツを販売するように、

www.neweconomy.jp

仮想通貨の信頼性は、そのチェーン上にユーザが集まるようなサービスやコンテンツが、存在するかが大事になってくると考えています。Play to Earnのようなゲームで稼ぐみたいなのも出てきてはいますが、やはりまずはしっかりしたコンテンツが無いとポンジっぽくはなるでしょう。以下の記事にあるように、仮想通貨とコンテンツをどう組み合わせるかは、まだまだ追求の余地があるし、信頼性を確立するのはこれからかなとは感じます。

www.itmedia.co.jp

イーロン・マスクのマネジメントスタイルについて考えてみる

昨年は色んなことがありましたが、ビジネス・IT界隈を騒がせたトピックの一つとして、イーロン・マスクTwitter買収が挙げられるでしょう。今年もイーロンは色々話題になる気はしますが、彼がどういうスタイルでマネジメントをやってるかというのを、理解してると少し行動の意図が見えてくるかもしれません。ということで、今回はイーロン・マスクについて、少し書いてみたいと思います。

基本的なスタイルとしては、以下の記事にあるようなダイレクト・コミュニケーションをベースとしています。会社で仕事をする上で伝達事項は、階層毎におりてきたりコミュニケーター的な人を挟むケースがあると思いますが、イーロン・マスクはそれを良しとしません。

lowcarb.style


これはイーロン・マスク本人であっても例外ではありません。仕事上、イーロン・マスクの確認が必要であれば彼に直接聞くスタイルになります。テスラでの仕事のやり方は以下の記事に詳しく書いてあって、いわゆるモブプログラミングのスタイルで行っているようです。このモブにはイーロン・マスクも参加しているそうです。

logmi.jp


これは一見すごく効率の良い進め方に見えますが、階層型の組織でない以上は個々の自律性が成功には重要となるでしょう。イーロン・マスクTwitter社で、テスラのスタイルで仕事をしようとおそらく試みたと思いますが、今のところ上手くいってるようにはあまり見えません。そもそも後任のCEOが見つかり次第、イーロン・マスクは辞めると言ってるくらいなので。今回のTwitter社でのやり方は、以下の記事にあるプロ経営者がトップになった時のアンチパターンに少し似ているようには感じます。

toyokeizai.net


もちろん、Twitter社を変えるのが急すぎたという側面はあるでしょう。Twitterは何が強みでどうリソースを活かせば上手くいくかという検討をほぼせずに、イーロン・マスクのやり方にそぐわない人をリストラしてしまった面はあります。イーロン・マスクのスタイルは、それに合った環境にハマれば成果は出せると思いますが、既存の組織をそのスタイルに合わせていくのはやはり簡単ではないとは感じます。

町へ出ることについて考えてみる

さて、2022年も終わりですね、あっという間です。去年の今頃、何やってたかなと思い返すと、ヨルシカの記事を書いていましたね。

toaruit.hatenablog.com


というわけで、せっかくなので今年も、年の最後はヨルシカについて書きたいなと思います。
今年はヨルシカが「チノカテ」を、8月にリリースしました。この歌は、アンドレ・ジッドの「地の糧」という文学作品を題材にしていて、歌中に出てくる「町へ出よう」という歌詞も、この文学作品から引用されています。

www.youtube.com


この歌のMVや歌詞には「白い花」が出てきます。白い花は、以下の記事にある解釈にあるように、死を連想させるものかなと個人的には感じます。

media.framu.world


ヨルシカで死というと、昨年の記事にも書いた通り、椎名もたさんのことかなとは思います。n-bunaさんはやはり、いまだに椎名もたさんの死を非常に後悔していて、なんで気付けなかったんだというのが、この歌でも伝わってくる気はします。
「町へ出よう」という歌詞は、この後悔を振り切って前向きに生きようという解釈もできますが、個人的には少し違う意味も含まれてると考えています。以下の記事で地の糧の紹介がされていますが、

www.shimonoseki-cu.ac.jp

感覚が先に来ない知識は、すべてわたしには不要である

という文があり、だから町へ出るということになります。

じゃあこの感覚ってなんなのかっていうと、個人的には自身の強みや得意なことを、つかむということだと感じました。やっぱり得意なことをやるほうが知識は身に付きやすいし、逆に苦手なところですごく頑張って知識を得ようとしても、活かせない可能性は高いかもしれません。
以下の動画でふれられているように、自分の強みを伸ばすことは自分を誇ることにつながるし、自分を誇ることが他人へ良い影響を与える面もあるでしょう。

www.youtube.com


ということで、ヨルシカのチノカテに戻りますが、「町へ出よう」というのはn-bunaさん自身が過去をふっきるという意味合いと同時に、椎名もたさんに「お前すごいところいっぱいあった」というのを伝える意味合いも、あったのではないかと思います。
自分の強みを見つけるのは、簡単ではないこともあるでしょう。見つからずに、ふさぎこんでしまうこともあるかもしれません。だから、感覚をつかむために町へ出るのは意義があるだろうし、逆にこの感覚を失わないために町へ出る必要も、あるのかもしれません。

さぁ、来年こそは町へ出よう、良いお年を!

SESの問題点について考えてみる

SESの問題について、TwitterなどのSNSのIT界隈では議論になりやすいですよね。ITの現場ではSESの人が普通にいるし、私もそういう現場で働いてて思うところはやはりあります。ただ、「SESは悪」みたいなことを、根拠を明示せず言うのは違うと感じるし、問題点があればそれについて具体的にどうするべきかを議論すれば良いと思ってます。とは言え、なんだかんだ論点は複数あると思うので、今回は私的に気になった点をいくつか挙げて、感じたことを書いてみます。

まず、SESとはなんぞやという話ですが、これは人によって考え方が違うだろうし、確固とした定義もないです。ただ、なにかしら定義がないと話も進めにくいので、この記事では前に書いたように、

toaruit.hatenablog.com

主に準委任契約でシステムの案件を受ける事業者、としたいと思います。この前提で各トピックについて、感じたことを書いていきます。

 

◼️給料が低い

SESの会社に入ると給料が低い、という話はチラホラ聞きますが、そもそもSES以外の会社でも給料低い会社なんていくらでもあるので、これをSESの仕組みのせいにするのは、個人的には懐疑的です。
SESは、会社が隠すことをしなければ自分の単価を知ることができるので、市場価値をある程度把握できる面があるのはメリットと感じています。そこで、自分の給料と乖離があれば、転職するなりフリーランスになるなりして、対策はたてられるのではと感じます。

 

◼️偽装請負

準委任契約における偽装請負も、たびたび問題として聞くことがあります。偽装請負とは以下の記事にある通り、

www.nearshore.or.jp

契約書のタイトルは請負契約または準委任契約としておきながら、実質的には発注者(ユーザー企業)の指揮命令を受けて業務を行うこと

を指します。
では、この「指揮命令」ですが、何をもって指揮命令とみなすか正確に判断できる人は、ほぼいないのではと私は考えています。仕事の話をしちゃいけないというわけではないけど、かといって時間拘束や契約外の依頼をすると、それは偽装請負とみなされるリスクがあります。

enterprise.goworkship.com

もちろん法律なので守らなければいけないのですが、どのラインなら違反かという判断が人によって分かれそうな状態は、あまり良くないでしょう。なので、あまり問題とは感じずに偽装請負的な仕事のやり方を、してしまう面はあると思います。
これはSESの仕組みというよりは、どう法制度の認知を広げたり改善していくかという話になるかなと感じます。

 

◼️善管注意義務

準委任契約で契約する以上は、基本的に善管注意義務を負います。ただ、Twitter等を見てると、SESは人をとりあえず現場に入れりゃいいみたいな考えが伝わってきて、これは本当に良くないとは思います。
SESは準委任契約が前提となるので、本来的には依頼する内容と、その依頼を達成できるかという観点で案件を受けるか判断すべきと私は考えています。ただ、現状だと「Javaができる人」とか「AWSの経験がある」とか、依頼内容というよりは単純に技術スタックで判断してる雰囲気もあって、それで善管注意義務が果たせるかは疑問に感じています。

 

◼️事前の打ち合わせについて

まずこれは私の考えですが、準委任契約についてその依頼内容を擦り合わせること自体は、問題ないと考えています。そもそも認識が合わないまま契約し、依頼内容を達成できず善管注意義務を果たせないのは、やはり不幸でしかないので。ただ、そこでその人の経歴を面談のように吟味することは、やはりグレーだと思ってます。
もちろん依頼主からしてみたら、仕事をお願いする人がどんな人か気になるのはメチャメチャ分かりますし、受注側が信頼してもらうために経歴を公開することは、普通にあるでしょう。ただ、その経歴によって契約を判断するのではなく、あくまでその人が依頼内容を達成できるかが最重要なので、その目的がブレないようにするのは大事です。なんか経歴ばかり独り歩きして、経歴詐称みたいな問題が出てるのは本末転倒な感じはしています。(もちろん経歴詐称すること自体は論外ですが)

 

◼️再委託に関して

受注した業務に関して、自社だけで対応できない部分を別の会社に再委託するケースはあるでしょう。予期せぬことはやはりあったりするので、再委託自体は顧客と合意があれば別に悪いことではなく、必要に応じて行うことは問題ないと考えています。ただ、以下のBIPROGY社の件のような、顧客に無断で再委託を行うケースは悪だと思います。

www.itmedia.co.jp

とはいえ、無断の再委託に関してはけっこう行われているのではと思っていて、私が昔いた現場でも、おそらくそのようなことが行われていたと考えています。すごく良くないのは、再委託先の業者が、自社でなく受注した元請けの会社名を名乗るべきみたいな風習です。私も昔の現場で、外部のベンダーが再委託していると知らずになんでメンバー間で情報連携されてないのかみたいな感じのことを聞いたのですが、よくよく掘り下げると実は別会社だったみたいなことはありました。特に若い人がSESで来てたりすると、やはり彼らのせいにはできないので、これはやっぱり業界全体で是正すべきことだと感じています。

 

さて、諸々思うところを書きましたが、SESを準委任契約でシステムの仕事を受ける事業者と位置付けると、準委任契約自体は法律で決められてるものですので、それ自体は悪ではないと考えています。ただ、準委任契約が本来意図していないようなやり方で、人を派遣するようなやり方は、いくら法律を破ってないと主張しても、やはりそれは違うのではと感じます。
法律を破らなければ何をしてもいいという考えではなく、真っ当な事業として不幸な人が生まれない為にどうすればいいのかというのは、あらためてIT業界全体で考える必要があるとは思います。

日本での寄付やボランティアについて

日本では欧米などに比べ、寄付やボランティアが活発に行われてない、という意見はあるでしょう。こういった、いわゆる社会貢献の意識が低いと、以下の記事ではグローバル人材になるのは厳しいと指摘しています。

toyokeizai.net


この指摘には賛否両論あると思いますが、今回はその指摘についてではなく、なんでそもそも日本では社会貢献がそこまで活発にならないのかというのを、個人的に考えてみました。

まず、経済的な背景から考察します。日本では比較的、中間層が多い国と言われてきました。自分の所得と他の人の所得がほぼ同様な状況なので、無償で社会的な貢献をしようとする意欲はそこまで高まらないかもと思ってます。もちろん最近は、日本でも格差が生じていて、中間層から貧困層になっていくケースもあるなんてことも言われています。

www.nli-research.co.jp


次に慣習的な面から。日本では「ムラ社会」と言われているように、閉鎖的な印象があるコミュニティが各地で形成されていました。そのムラの中では助け合うものの、ムラから外に出れば村八分と言われているように、その恩恵が受けられなくなります。
ただ、ムラ社会と呼ばれるものが今は減っているし、ムラ社会の外でそういった助け合いの精神が発揮されてるかというと、そこはまだまだとは感じます。

www.toibito.com

 

日本でも貧富の格差が大きくなったり、ムラ社会がなくなったりする流れなら、欧米のような社会貢献活動の必要性は高まるでしょう。もちろん日本でも、そういった活動に取り組もうとしてる人はいるのですが、以下の記事のように中々うまくいかない事例もあります。

【悲報】貧困者のため善意で無料弁当を作ってたのに「困ってなさそうな人が大量に無料弁当を注文」する事案 / 無料食堂の店主苦悩 | ガジェット通信 GetNews


日本で社会貢献活動の意識を高めるのも必要ではありますが、一方で貧富の差がこのまま高まるのを良しとするのかという懸念はあります。元々日本では「水道哲学」に代表されるように、「この世から貧をなくすこと」のような理念で、事業活動を行ってきたところもあります。事業活動によって社会課題を解決しにいく姿勢は、あまり欧米にはない考えなのかなと思います。
ただ、最近ではどうしても稼ぎが優先になり、水道哲学のような考え方があまり重要視されない雰囲気も感じます。いかに貧富の差を解消したり、社会貢献活動に取り組むか、そろそろ真剣に考える時なのかなとは思います。

toyokeizai.net