とあるIT屋の独白

ITや経営について主に書きます

性格の不一致について考えてみる

今の時代は、離婚する人も珍しくなくなってきてますよね。私と同年代の人でも離婚を経験した人は普通にいるし、離婚する事に対して別にいいんじゃないという感覚にはなってきています。そんな離婚ですが、理由として一番多いのはいわゆる「性格の不一致」だそうです。

mikata-ins.co.jp


そもそも性格なんて一致することの方が珍しいし、不一致なんて別に普通にあるのに、なぜこれが一位になってしまってるのか少し不思議に感じました。おそらく原因は性格の不一致ではなく、どこか別の点にあるように個人的には思います。
相手が嫌になる理由としては、下記の記事にあるような「生理的に無理」という状態になる事なのかなとは感じます。この「生理的に無理」ですが、なぜこんな状態になるのかというのは、論理的に原因を考察するのは中々難しいですよね。

next.rikunabi.com


上記記事でも触れられていますが、一つ考えられる原因は「孤独」に感じる事だと思います。前に私のブログの下記の記事で、孤独について書きましたが、現状について楽しめないと孤独の感情が大きくなって、社会から取り残されたような感覚が出てくるように思います。

toaruit.hatenablog.com


結婚する理由の一つとしては、孤独な状況を脱したいというモチベーションからという人もいるでしょう。ただ、結婚しても結局は孤独になるような状況はありえてしまって、自分が期待した状況と違う結果になるということは往々にしてあると思います。
なので、孤独の解消のために結婚という手段を選択するのは、あまり良くない結果になる可能性があるということです。結婚とは下記の記事で言うところの「所属」的な考えと私は感じていて、所属による安心感を得るのは今の時代にあまり合ってないのかもしれません。

toyokeizai.net


今の時代は会社や学校といったいわゆる所属の縛りが、どんどん緩くなってきていると感じます。会社に所属せずフリーランスで働いてる人は珍しくなくなったし、会社に所属していてもいずれ転職というのも多いでしょう。所属という考え方は、より一時的なものというのに変わっていくかもしれません。

離婚についても、相手のことが嫌になれば離婚しても別に良いかなとは思います。自分も相手も時間が経てば変わることもあるだろうし、社会が目まぐるしく変化していく現状で、人が変わることは致し方ないことではあります。ただ、所属という縛りが弱くなっていく中で、相手ではなく自分がどうあるべきかみたいなことは、一昔前よりもちゃんと考えることが必要な時代だろうなとは感じます。

リファクタリングについて思うところ

かなりのシステムの現場において、コードの保守性が低いといったことは課題に上がることが多いように思います。私の経験してきた現場の多くは、この保守性の低さについてどうしようかと、頭を悩ませてたような雰囲気はあります。
そういう時に、よく挙がる施策としてはリファクタリングです。リファクタリングのイメージはざっくり下記の記事にあって、クラスやメソッドなどを機能拡張等を行いやすいよう、整理するものになります。

style.biglobe.co.jp


リファクタリングの必要性を認識している現場は多いと思いますが、今やってる開発と、どちらを優先させるかという判断に悩まされることはあるでしょう。下記の記事で指摘されているように、リファクタリングを行うことが直接利益を生み出すわけではなかったり、最悪の時は作り直した方が良いという判断も出来たりはするので、コストをかけてやるかという話にはなりがちかなと思います。

nagise.hatenablog.jp


個人的には以下の記事で触れられているような、保守性が経営指標にどのように効いてくるのか、可視化するような考え方は良いなと思います。自分達が作っているものが、経営に対してどのように影響するのか、その観点無しでは中々突っ込んだ議論にはならない気がします。ちゃんとサービスを育てていくという方針であれば、ビジネスとシステム開発の関連を紐づけるのは、いつかは通らなければいけない道かなと感じます。

zenn.dev


ビジネスとシステム開発の関連という観点でいくと、やはりドメインの整理は避けて通れないと思います。ドメインの整理を行わないまま、リファクタリングを行うのは意味が無いとは言わないまでも、片手落ち感は個人的に感じてしまいます。今の時代、ビジネスの状況は刻々と変わっていくので、システムをどう追従させるかという観点は重要と考えています。
現実世界のビジネスはシンプルで無いことも多いです。ビジネスが複雑になっていく以上は、システムも複雑になってしまうことは致し方ないことではあります。ただ、ビジネスの複雑さに対してシステム側で手を打たないというのは、やはり違うかなと個人的に感じます。以下の記事にあるような複雑さにどう対応するか、その観点でリファクタリングをどう進めるか考えるのも大事かなと思います。

sg.wantedly.com

今の時代(2022年)の人材管理について考えてみる

今年も、下半期になってぼちぼち2022年も終わりに近づいています、早いですね。色々と考えもしないことが起きたり、世の中の変化もあったりで中々せわしない年に、なってる気はします。まさに、VUCAの時代という感じはしますね。
今の時代、今までと同じようなことをやっていても、生き残れる保証が無いような感じが強まっています。VUCAの時代にどのような人が求められるか、ざっくり以下の記事にまとめられていますが、デジタルを活用したり正解の無いような答えを探したりする、といったことが挙げられています。

next.rikunabi.com

とは言え、これだけだとちょっとフワッとしているので、もう少し今の時代の人材管理について掘り下げてみたいなと思います。

基本的にVUCAの時代には未来予測がかなり難しく、例えば数年後こうなるだろうからそれに向けて準備するといった方法が、取りにくくなっている感はあります。だとすると、今どうするかが重要になってきて、以下でMatzが言っているような、

未来予想はできないよ、だけど、現在見えている変化には対処できるよということです。継続することは大事で、心配しなくていいよというのが今日の話でした。

という意識は、かなり参考になるかなと感じます。

logmi.jp


「現在見えている変化への対処」という観点でいくと、その時点で会社で保有している資産や、設定されている人材ロールで対応できない可能性はあります。結局、会社側もどうするべきかが分からないという状況は、珍しくなくなるでしょう。だから、よく言われる「自律」が必要であり、自立のためにどのように人材管理していくかという点は大事かなと思います。

下記の記事にあるように、どのような活動をしてどのような成果を出して、目標となる成果を出すために今のスキルとどのようなギャップがあるか、などなどプロセスを丁寧に管理していくのが、遠回りだけど早道なのかなとは感じます。

logmi.jp

また、変化に対応していくためには真っ当な意見をいう人も、もちろん大事ではありますが、下記の記事で言及されているような

人と違う発想で、人に見えていないものなんだけど「これはいけるだろう」みたいなものに、ベットできる、賭けられる人

という人材も必要になってくるでしょう。もちろん、全員が全員、人と違う発想では収拾がつかないし、どういう人材をどのようなバランスで組織に配置していくかという観点も、組織としては大事なのかなとは思います。

logmi.jp

ナラティブについて考えてみる

最近、ナラティブというワードをちらほら見かけるので、今回少し取り上げてみたいと思います。ナラティブとは何かと言うと、下記の記事に概要がまとめられていて、語源的な意味合いだと「物語」になります。つまり、物語性を意識して、コミュニケーションとかマーケティングをやりましょうという意味で、使われることが多いかなと感じます。

prdx.co.jp


以前にこのブログでは「パルス型消費」について取り上げたのですが、ナラティブの考え方は、パルス型とかなり対局の位置にあるように感じます。もちろん今でもパルス型のようないわゆる衝動買い的なのは全然あるとは思いますが、それで思ってたのと違うといったことは起きてしまうでしょう。ので、消費者側も耳障り良く聞こえる言葉が書かれた広告には、慎重な姿勢を見せてきているのかもしれません。

toaruit.hatenablog.com


消費者も年々賢くなってきているので、ある種の売りつけてやろうみたいな意図は、かなり読み取られてしまう気はします。逆に、自分達が何をしたいのか丁寧に伝えることが、顧客等を獲得するための正攻法となっている雰囲気は感じます。

markezine.jp


というわけで、ナラティブの考え方が重要視されている背景を書いていきましたが、これだけだと結局どうすれば良いのかピンとこないと思うので、個人的に感じたナラティブの事例を紹介したいと思います。

一つ目は、下記の記事にあるスーパーをやってるオーケー社の事例です。オーケー社では商品に対して、なぜその商品がその値段でその品質なのかというのを情報提供しています。消費者をある種騙して買わせるということをさせないというのは、ナラティブの特徴かなとは個人的に感じます。

www.itmedia.co.jp


二つ目は、下記の記事にあるコスメキッチンの例です。オーガニック商品を売り出す時に、Web広告でパルス型消費っぽく買わせることはけっこう多い気はしますが、コスメキッチンでは店舗の雰囲気を重要視しました。店舗の雰囲気を軸にして、オンラインでもマーケティングすることで、物語の一貫性というか軸がブレないようにするという姿勢を大事にしていると感じます。

markezine.jp

テーブル設計の考え方とAPIについて

以前にこのブログで、APIをどのような観点で設計するかということについて書きました。その際に設計の観点として大きく、DBのスキーマ・画面・ドメインを意識する必要性を挙げました。

toaruit.hatenablog.com

今回はDBスキーマの設計、つまりはテーブル設計に少しフォーカスして、APIとの関連について書いてみたいと思います。

まず前提としてテーブル設計にはデータモデリングが必要になり、このデータモデリングは下記の記事にある通り、ドメインモデリングとは異なるという位置付けとします。もちろんドメインモデリングとデータモデリングが被ることは全然あり得ますが、データモデリングの目的はあくまで、データをいかに適切に永続化するか、ということにあるからです。

logmi.jp

データモデリングを行った後に個々のテーブル設計を行うわけですが、テーブル設計の進め方については下記の記事が参考になります。記事にも触れられている通り、DBのテーブルは基本的に変化に強くないので、いかに将来の拡張性を見据えて設計するかというのは大事だと思います。また最終的には正規化をするのが基本なので、重複や不整合が無いような設計にするのも大事でしょう。

agilejourney.uzabase.com


システムが対象にする業務が複雑では無い時、例えば画面においてもCRUDが出来れば良いというケースであれば、画面≒テーブル定義≒ドメインとなると思います。APIもテーブルのフォーマットに合わせれば、ほぼ問題ないでしょう。ただ、業務が複雑になってくるとそうはいかなくなります。
テーブル設計の観点は上記で書いた通り、業務をいかにデータに残すかに加えて拡張性や正規化などを加味した結果です。ドメインはあくまで業務が対象とする領域を表現したもの、画面については画面を触るユーザの関心事が主になります。この3者がズレていた場合、一致させるというのも一つの手ではありますが、要所要所でどれを優先させるかというのがやはり現実的かなとは感じます。

では、この3者がズレていた場合APIはどうすれば良いか。もちろんテーブルのフォーマットにAPIを合わせるというやり方は分かりやすいですが、APIの利用者が必ずしもそれで使いやすいという状況にもならないでしょう。現実案としてはAPIの利用ケースによって、どこに合わせるかはその時々で判断するというのが、落とし所になるかなとは感じます。
とはいえ、バックエンドで全てのケースに対応したAPIを用意するのは、非効率になるかもしれません。なのでGraphQLなどを利用して、BFFを別途立てるという選択肢もありかなとは思います。

zenn.dev

雇用においていかに市場の観点を取り入れるか

最近はフリーランスであったり正社員でも副業を行ったりなど、ぼちぼち働き方の多様性が出てきたかなとは感じます。一昔前は、派遣であったりフリーターでの雇用は労働者側にとってかなりキツいのではと議論されていました。もちろん、派遣やフリーターの働き方が一概に悪いとは言えないし、それでキャリアを積み上げてきた人もいるでしょう。ただ、企業側がコスト削減という意図で、このような雇用をしている側面も否定は出来ず、キャリアをきちんと積み上げ出来なかった人も一定数出てしまっていることは、課題かなと感じます。

nyaaat.hatenablog.com


終身雇用の時代は、その会社でいわゆる昇進を目指すことが、キャリアの積み上げに等しいことだと感じます。もちろん今でもそのような働き方は全然ありと思いますが、終身雇用が保証されていないかつ、一つの会社でのキャリアの積み上げが正解かが分からない、といった面はあるかなと。
企業側もすぐ辞められると困るので、正社員雇用するというケースはまだまだ全然多いでしょう。ただ、正社員は解雇をしにくいということもあり固定費になってくるので、中々給料を上げにくいということはあると思います。

anond.hatelabo.jp


今の職場で正社員で給料が上がりにくいから、転職したりフリーランスになるという話もけっこう普通にあるでしょう。とはいえ、今の職場でキャリアを積み上げていくことが自分の為になるのであれば、あえて辞めるという選択をとるのはもったいない気はします。
このようなことを減らすために、下記の記事にあるように市場価値と比べて自分の給与がどの程度になるのかというのを、把握しておくことは大事かなと思いますし、企業側も自社の人材がどのくらいの価値があるかは意識する必要がある気はします。

type.jp


では、どうすれば社外の市場の視点が得られるかということですが、個人的には厚生労働省がやっている「在籍型出向」の制度は良いなと感じています。支払う給料がどちらの企業かは契約によって変わると思いますが、出向先の方が給料を支払う場合は、出向先企業の社員と比べて給料がどう違うのかというのは、一つ参考になるかなと思います(もちろん給料のベースを教えてくれるケースに限りますが)。
出向契約が終わって戻ってくる時には、自分の社外価値みたいなのは少しでも把握できるでしょうし、それを元に自社でどう改善すべきかというのも、生まれてくるかなとは感じます。

www.mhlw.go.jp

メタバースを価値あるものにするためには

最近はザッカーバーグが、メタバースで撮った写真が話題になってますね。このブログでも、昨年にメタバースについて取り上げ、

toaruit.hatenablog.com


セカンドライフの事例や、Metaの取り組みなどについて触れました。そこでもメタバースユースケースについて言及しましたが、今年になってもそこまで目新しいユースケースが生まれたというわけでもないかなと感じます。もちろん、メタバース空間はセカンドライフ全盛期よりも洗練されているとは思いますが、このままだとセカンドライフとそんなに変わらんじゃんという結論になってしまうでしょう。では、どうすれば価値あるメタバースが実現できるかというのを、今回少し書いてみたいと思います。

メタバースの位置付けとしてはいわゆる仮想の空間なわけですが、仮想の世界でどう価値を出すのかというのはけっこう難しい話です。もちろんエンタメのコンテンツとしては全然ありと思いますが、実世界との関連が薄い以上はそこからの広がりが限界があるからです。実世界といかに関連させるかが、メタバースの価値を上げる上で大事なのかなと感じます。
一個の方策としてはセカンドライフと同様に、現実世界の企業がブースのようなものをメタバース上に出店して、集客に利用するといったものでしょう。以下の記事に事例がありますが、ガールズコレクションやゲームショウといったものもメタバース上で行われてますので、セカンドライフの時よりは認知度も上がってるかなと思います。

www.nice2meet.us


とは言え集客にしか使えんとなると、中々厳しい感もあります。集客のためにコンテンツも用意しないといけないし、セカンドライフの時に上手くいったとも言えないので、別の視点も必要になるように思います。
逆の発想で現実世界のものを仮想空間に持っていく、デジタルツインの取り組みは注目すべきかなと思います。メタバースとデジタルツインは別物と位置付けられることが多い気もしますが、個人的にはデジタルツインがメタバースの主流となっていく可能性もあると考えています。デジタルツインの概要については以下の記事にありますが、仮想空間において現実世界と近い状況でシミュレーションできるのは、かなり価値ある仕組みと感じます。

sogyotecho.jp


実際に製造業等で、デジタルツインの事例は出てきています。コストの削減だったり稼働の最適化といった価値が出ていて、やはり実需が伴うと活用は広がっていくかなと感じます。

www.capa.co.jp


デジタルツインとは別の観点ですが、オンラインMTGの高度化もメタバースに繋がっていく可能性があると私は感じます。下記の記事でビル・ゲイツはオンラインMTGはここ数年で、メタバースに移行すると言ってます。

www.moguravr.com


デジタルツインとオンラインMTG高度化は、マイクロソフトがとっているメタバースの戦略です。メタバースを戦略をど真ん中に置いてるのはMetaですが、現実に即して法人をターゲットとしてるマイクロソフトは現実味があるというか、ユースケースが明確とは感じます。

xtech.nikkei.com