とあるIT屋の独白

ITや経営について主に書きます

いかに後戻りが出来るようにするか

SNSとか見ると、仕事辞めてネットビジネスやるとか、学校辞めてエンジニアになる、みたいなのをちょこちょこ見かけます。もちろん、退路を絶って何かに取り組むこと自体は全く否定しないのですが、ただ後先考えずにこのような行動をとるということに関しては、やはり疑問を感じます。ということで、今回は新しいことを始めるときに、どういう心構えで進めたらいいかというのについて、個人的な考えを書いてみたいと思います。
まず、新しいことに挑戦することは大事なことだと思っています。新しいことを始めることはリスクが伴います。もちろん、リスクは少ないに越したことは無いのですが、いかに自分の許容範囲内にリスクをおさめられるか、というのが大事になってくると思います。以下の記事にそういったリスクについて書かれているのですが、こういったリスクをある程度想定しつつ、新しいことに取り組んでいく姿勢も重要と考えています。

factory-learn.com

 

リスクをちゃんと評価できるというのは大事で、下記の記事にあるようなリスクマネジメントの考え方を個人のレベルでも使えると思っています。もちろん、変化の激しい今の世の中でリスクを全て洗い出すのは難しいですが、今認識しているリスクと発生頻度・影響度を整理するのは、意思決定を行う上で意義があると思ってます。

souken.shikigaku.jp


下記の記事では、Amazonの意思決定の仕方を紹介しています。Amazonでは後戻りのできる意思決定と後戻りのできない意思決定で分類しています。後戻りできるものは、迅速に決定していって、後戻りのできないものは慎重に検討していくそうです。

note.com


この、「後戻りができる」という基準は個人的には大事だと思います。もちろん、人生において後戻りができない意思決定をすることもあるでしょう。人にもよりますが、例えば転職であったりとかフリーランスになるとかは、場合によっては後戻りできない可能性があるわけです。自分にとって何が後戻りできない事柄なのか、後戻りできるための選択肢は無いのか、そういったことを考えつつ新しいことを始めると、後で後悔しないような選択ができるのかなと感じます。

オンラインサロンの是非について考えてみる

最近はインフルエンサーと呼ばれる人は軒並みオンラインサロンをやっていて、ビジネスの一ジャンルとして確立しつつある感もあります。ただ、オンラインサロンをやる人が増えるにつれてトラブルも多く聞くようになり、そもそもオンラインサロンってどうなのっていう話もあると思います。ということで、今回はオンラインサロンについて書いてみたいと思います。
オンラインサロンというと、新手の宗教みたいという声も多く聞くかと思います。たしかに、信者ビジネス化しているところもあるし、側から見ればなんでこんなのに金払うんだと疑問に持つケースもあると思います。それはサロン主催者が、ある種の搾取のような形でサロンメンバーを扱っている部分もあるし、逆にそれでもお金を払う人がいるからという、何か違和感がある関係と言えるかもしれません。

togetter.com

 

オンラインサロンが流行ることになった文脈として、インフルエンサービジネスの存在は見逃せないでしょう。つまりは、
インフルエンサーとして人を集めることがお金になる→人がたくさん集まるところにはお金が集まりそう→オンラインサロンに入る、
という流れになったのかなという感じになります。インフルエンサーがお金になるとは言っても、その収入源は、とどのつまりが情報商材に行き着くケースも多いでしょう。別に情報商材自体は悪いものでもなんでもないですが、ただ、価値のない商材をあたかも人がたくさん集まってるから、価値がありそうに見せることでビジネスが成り立ってしまうので、中々胡散臭いものもありふれている気はします。

asumi.tech

 

ここまではオンラインサロンを批判的な観点から取り上げてみましたが、もう少し視野を広げてオンラインサロンってそもそも何よというのも少し書いてみます。オンラインサロンと一口と言っても複数類型があって、上記で書いたような信者ビジネスのようなものもあれば、もう少しコミュニティを重視したものもあると思います。下記の記事では4類型に分類していて、ファンクラブ型のものもあればレッスン型と呼ばれる学び的なものにフォーカスしたようなものもあるそうです。

sairu.co.jp

 

コミュニティ型の一つの例としては、下記の記事なる日本酒オンラインサロンです。カリスマ的な存在がいるわけではなく、メディアの運営が母体となって情報提供やメンバー間の交流が行えるものだそうです。特定のインフルエンサーというよりは、自分が好きなものに対して集まるといったサロンの形態になるでしょう。

jp.sake-times.com

 

個人的な結論としてはオンラインサロンはお金を払う人がいる以上は、別に悪でもなんでもないし、お金を払ってる人が納得すれば良いわけです。ファンクラブ的な要素があるサロンもあるので、当人同士がそれを分かってて入っていれば特に何も問題がないわけです。ただ、そのサロンをどういう目的で入ってるかというのは意識すべきで、何も考えずに入ってお金だけ取られるのは健全な状態とは言えないし、入る側もちゃんと調べて自分の目的と合っているかは、もっと吟味すべきなのではとは感じます。

アドバイスは受け入れられるか

最近、人からアドバイスをもらうことも少なくなってきて、自分も歳をとったなぁとしみじみ感じます。私も色々な場面で人からアドバイスをもらってきて、実践したものもあればサラッと受け流したものもあると感じます。どういうところが、受け入れることができた分かれ目になったのかなぁとふと感じて、今回少し書いてみたいと思います。
まず、アドバイスを受けるときの脳の動きはどうなっているか、下記の記事に解説されています。アドバイスを受けるとき、人はたいていその内容を「(不要なものとして)処分」しているのです」として処分してしまって、受けとり方としては「情報」になるそうです。

coach-ing.com

 

「情報」であることは、つまりネットニュースとかと同じ扱いになるかなと個人的には思っていて、自分が興味の無い分野であれば、そりゃ流れちゃうなぁと感じます。
私個人としては、例えばITエンジニアの仕事で、自分の知らなかったソースコードの書き方とか、実現手段のようなものをアドバイスとしてもらった時は、けっこうすんなり受け入れて取り込めたかなと感じます。逆に興味のあまり無い分野、人のマネジメントとか気の使い方とか、そこら辺はあまりもらったアドバイスを活かせてない気がします。
私自身も昔は人にアドバイスしてましたが、やはり受け取り側の興味が無いと身に付かないし、たいてい徒労に終わります。今では、その人のやり方にある程度任せて、結果が出なければ、考えさせるというアプローチをとることが多いかなと感じています。その人が興味を持つまで待って、興味を持った段階でアドバイスする、その人ごとに合わせた対応をしなきゃならんなとは感じます。

データベースの活用について考えてみる

以前に本ブログでNoSQLについて取り上げましたが、

toaruit.hatenablog.com

 ではそこから少し経ってNoSQLがRDBに置き換えられたかというと、私の感覚ではそうでもない感じがします。依然としてDBの選定の際、メインのDBはRDBが第一候補に上がると思います。ただ、要所要所ではRedisであったり、Elasticsearchなんかを使ったりするのも当たり前にはなってきています。下記の記事を見ても、RDBの利用が減っているのではなく、適材適所で使い分けるようなやり方が、一般的になってる傾向が見受けられます。

www.atmarkit.co.jp


そうなると、複数のデータソースがシステムの中に存在することになるわけで、やっぱり統合して、一元管理したいニーズが出てくると思います。下記の記事「CData」のようなツールでSQLで一発で取れると便利ですよね。BI系のツールはけっこう普及してきている感もありますが、今後もニーズは根強い感じはします。

ascii.jp


さて、データの統合というと業務システムの経験がある人は、DWHを思い浮かべると思います。もちろん、DWHも現役で様々なところで使われていると思いますが、最近はデータレイクも聞くことが多いと思います。DWHとデータレイクの大きな違いは下記の記事の通り、構造化されてないデータを対象とするかです。
今後、データソースも様々な種類になることが想定され、データレイクの活用を含めて、どう分析するかという観点も大事な気はします。

thinkit.co.jp

なぜ自分は自己完結型の仕事が適しているのか

ITのエンジニアになってから、かなり長い年月が経ちました。IT業界にはそこまで大した理由もなく入っていったのですが、エンジニアを途中で辞めてしまった人もいる中、なぜ自分がまだ続けてられているのか。そんなことを少し書いてみたいと思います。
バスケやサッカーなど、チームプレイを求められるスポーツはみなさんやったことあると思いますが、私は元々こういったチームプレイが求められることはどちらかというと苦手でした。というのも空気を読むのがあまりできない人間なので、例えば他の人がここにボールが欲しいというときにそれを察することが出来なかったりします。ただ、社会人になってからもこういった空気を読むスキルは必要で、新卒で最初に入った会社の時は右も左も中々苦労しました。
その時に感じたのは、自分で自己完結がきちんと出来れば、そういった空気を読むことなく物事が進められるのではと思いました。それから、きちんとエンジニアの仕事が出来る会社に転職して今に至るわけです。下記の記事にある通り、エンジニアは自己完結型に向いている職種と言われてはいますので、自分が持っている特性と合っているのではないかと今は感じます。

tenshoku-nanido.com

 

もちろんエンジニアだからといって空気を読まなくて良いというわけではなく、要所要所ではきちんとした振舞いをしなければいけないのですが、そういった場面は他職種に比べると少ないのではと考えています。逆に自己完結ではなく、ちゃんと周りと会話しながら進めたいとか、分からないことが合った時にきちんとサポートしてくれる、といった環境を求めていると人はエンジニアはあまり向かないのではという感じがしています。というのも、エンジニアの人は自己完結の思考の人が比較的多く、周囲の人も空気を読むのに長けてない人が多いと私は感じるからです。逆を返せば空気をあまり読む必要なく、物事を聞けるという点もあるのですが、こういう雰囲気は合わない人は合わないだろうなぁとは感じます。
また、自分が自己完結型が合っていると思う理由は、HSP的な気質があることも一因と考えています。下記の記事にHSPの方が書かれた記事があるのですが、慌しかったり、人からずっと見られる環境というのは、私もちょっと辛いなぁと感じてしまいます。

priusshota.com


ではなぜ自分にこういう気質が備わったのかというと、元々劣等感が強かったのかもしれません。下記のツイートにある通り、自分に劣等感があると自分のことを話すのが嫌だし、どうしても人と距離を取ってしまうようになってしまいます。結果、自己完結型にならざるをえなかったのかなと感じます。

 
ただ、思春期の当時はまだSNS等も今ほどなく、知らない人に悩みを相談できるということがしにくかった環境にあったように思います。今はSNS等を通じて知らない人と手軽に交流できるので、上手く使えば私が抱えてたような課題に対し、早めに手が打てる可能性があります。もちろん、相談相手によっては良からぬ方向に行ってしまうこともあるので、その人が信頼に値するかどうか、情報収集をどう行うかという点については今の時代求められてくるのかなと感じます。

ブロックチェーンをどう現実世界で活用するか

ブロックチェーンについては数年前から話題にはなっていますが、金融系の仮想通貨界隈以外では、まだあまり実例を聞きません。もちろん、契約や物流やIoTなどなど適用できる分野は色々ある可能性があると思ってます。ということで、今回はこのブロックチェーンの活用について、少し書いてみたいと思います。
下記の記事にある通り、「ブロックチェーンでないと出来ない」ことはまだあまり無いかもしれません。もちろん契約データの改ざん防止などは、ブロックチェーンユースケースにハマるとは思いますが、ブロックチェーンを使う必然性があるかと言われると、ちょっとまだどうかなという感じです。ので、こういうユースケースだとすごくハマって、ブロックチェーン使うといいよ、という成功事例は早く出てきて欲しいなと感じます。

novtan.hatenablog.com

 

とはいえ、ブロックチェーンが今後ダメになっていくのではとは私は思っていなくて、ようやくブロックチェーンが正しく評価されはじめたかなと思います。技術的なフェーズで言うと、過度な期待から幻滅期に入った段階です。AIなどの大体の技術はこういったプロセスを得るので、幻滅されたということはある種前に進んでいるとも言えるかもしれません。
幻滅期に入ってではブロックチェーンの本質的な価値は何かというと、下記の記事にある「記録の証明」であると私も考えます。今後、より世の中にデジタルがシフトしていく中でこの記録の証明のニーズは、必ず出てくると感じます。

aire-voice.com

 

また、導入の一つのアプローチではありますが、ブロックチェーンを用いたプロジェクトをやってる、LayerX社の記事が参考になります。LayerX社では端的に言うと業務システムの開発を行っているのですが、ブロックチェーンありきの開発を行っているのではなく、あくまで顧客の課題解決というところに重きを置いています。ブロックチェーンがハマらない領域であれば使わないし、もしハマる領域であれば導入していくスタンスのようです。たしかに、こういう取り組みを行っていきノウハウをためていくと、いずれは各社共通して使えるようなソリューションが見出せてくるように感じます。

note.com

信用創造に代わる仕組み

今年はコロナによる不景気で、仕事に影響が出た人も多かったと思います。これだけ人の流れが止まってしまうといたしかたない部分はあるのですが、もともと景気が怪しかったところにダメ押しがきてしまった感もあります。
今の状況で景気を上向かせるためには、何とかお金を回るようにしなければいけなくて、お金を回すという点で大事なのは銀行の役割です。一昔前までは銀行がちゃんと貸出しを行い「信用創造」を生み出し、経済の成長を実現できてました。信用創造とは下記の記事にある通り、預金を元に貸出しを行うのではなく、貸出しを行って預金を生み出す、というのがポイントです。これはどういうことかというと、実際に市中に出回っている現金よりも多くの預金が創造されているということです。

diamond.jp


では、現在それがどうなっているかというと、この不景気で銀行は以前ほど貸し出しを行わなくなり、その煽りを受けてか企業も銀行から借りるというモチベーションが低下しています。その結果、信用創造という手段で預金を生み出す量が少なくなり、経済も停滞しているというのが現状かと思います。
ただ、下記の記事にある通り、一方で内部留保をたくさん持っている企業もあるし多額の貯金がある個人の資産家もいると思います。これらの人達にとってみれば、銀行から借りる意味はないし、また貯蓄を大幅に切り崩してまで何かに投資するということもないかと思います。

www.fromhc.com

 

というわけで、もう銀行の役割は終わるのではないかと度々言われてるし、実際に銀行も人を減らしたりしているわけです。融資業務も、これから拡大していく希望があるとは言えないでしょう。
ただ、やっぱり資金が必要な事業者は存在しているわけで、銀行に行っても貸してくれなそうな事業者はVCやクラウドファンディングといった、別の手段を検討するわけです。最近だと、株式投資クラウドファンディングがけっこうホットになってくるかなと個人的に感じています。実際の投資案件でも募集が早く終了してしまうものもけっこうあって、ホットになりそうな雰囲気はあります。もちろん、まだ始まったばかりの取組ですし、信頼して良いものなのかというのは多少まだ不安がありますが、信用創造に代わる仕組みの候補としては面白いかなと考えています。

gentosha-go.com