読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるIT屋の独白

ITや経営について主に書きます

Boxに見るビジネス向けのクラウドサービス

ブログの更新が滞ってる中、あっという間に3月になってしまいました。仕事に追われてしまうと中々自分がやりたいことへの意欲がわかず、もどかしい日々を送っています。

 

さて、今回は日常的な会話にもずいぶん浸透してきたクラウドサービスの話です。クラウドのビジネス利用は数年前から比べると多くはなりましたが、日本の企業ではまだ旧来のシステムを使っている業務もあるかと思います。システムを変えるということは業務に少なからず影響があるし、変えるのにも相応のコストがかかるのでいたしかたない部分もあります。そのような中で下記記事のような現状を変えようという、取り組みを行ってる会社もあります。

 

【40年前から進化のない企業向けシステムを、いかに「ユーザ視点を当たり前にしたシステム」にするか ~ ワークスアプリケーションズの奮闘】

http://codezine.jp/article/detail/9730

 

最近ビジネス向けで利用が増えているサービスでBoxというサービスがあります。Boxはファイル管理を行うサービスなのですが、セキュリティの高さやAPIの利用などがセールスポイントとなり採用実績を伸ばしています。

 

【ASCII.jp:「Box」新プラットフォーム、データ利活用への発想転換を促す】

http://ascii.jp/elem/000/001/268/1268165/

 

企業のファイル管理というと社内の共有サーバを、多くの企業が使用していると思いますが、容量が枯渇したりハードの障害が発生することもあり運用も中々大変です。クラウドでもGoogleドライブなど個人向けには手軽に利用できるファイル共有サービスがありますが、企業向けの機能となると下記記事のようなBoxで実装されている機能が求められてきます。

 

【ワークスタイル変革に必要なファイルサーバ「クラウド化」の条件】

http://japan.zdnet.com/article/35092260/

 

そんなBoxのCEOは、まだ30歳という若い年齢で起業しています。私ももっと頑張れるかなという気がしてきます。

 

クラウドのカリスマが描く「未来の働き方」】

http://toyokeizai.net/articles/-/136978