とあるIT屋の独白

ITや経営について主に書きます

経営者に必要な思考

以前に本ブログで経営者がとるべきリスクであったり http://toaruit.hatenablog.com/entry/2017/06/24/202949 MBAについて取り上げたりしましたが、 http://toaruit.hatenablog.com/entry/2017/03/13/232842 今回はそもそも経営者の人達はどのような思考で仕…

テクノロジードリブンを起こすには

以前にウーバライゼーションについて、本ブログで取り上げましたが、 【ウーバライゼーションを起こすには】 http://toaruit.hatenablog.com/entry/2016/07/16/194713 今回は似たような概念である、「テクノロジードリブン」について取り上げます。 テクノロ…

サッカーにおけるITの活用

アメフトやバレーなどスポーツの世界でITを活用することは珍しくなくなってきましたが、今回はサッカーでの事例を紹介したいと思います。 一つ目の記事はブンデスリーガのホッフェンハイムで、昨シーズン4位という中々の成績をおさめたチームです。 【【欧州…

多動力と創造性

少し前にホリエモンこと堀江氏が書いた多動力という本が出版されました、「多動力」という言葉は異なることを同時にこなす力、と述べられています。 【堀江貴文氏「多動力こそが最も重要な能力だ」「1つの仕事をコツコツと」では負け組になる】 http://toyokeiza…

夕張市の今

2006年に財政破綻した夕張市、10年程たった今どのような状況下というと、下記記事の通りあまり芳しくないようです。 【夕張市破綻から10年「衝撃のその後」若者は去り、税金は上がり】 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52287 そもそもなぜ夕張市が破綻…

Flashの終了に思うこと

少し前の話題ですが、Flashが2020年に終了するというニュースがありました。 【Adobe、Flashを2020年に廃止。ChromeやFirefox、Edgeなど段階的にサポート終了】 http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1072470.html 一昔前はリッチなWebコンテンツを作る…

タカタの経営破綻に見る不具合への対応

少し前ですが、エアバッグのタカタが経営破綻したとのニュースがありました。引き金となったのはアメリカでの大規模なリコールなのですが、下記の記事によると事故が必ずしもエアバッグによるものと断定されたわけでもなく、何となく気持ち悪い感じはします…

デジタルビジネスに必要な指標

以前に本ブログで、ビジネスのデジタル化について取り上げましたが、 【ビジネスとデジタル】 http://toaruit.hatenablog.com/entry/2017/01/16/011027 今回はそういったデジタルビジネスを測る指標について、取り上げたいと思います。 まずは、下記の記事を…

JavaからJavaScriptへの変換ツール

JavaのアプリからJavaScriptのアプリへ変換できるツールが先日発表されました。これによりクライアントPCで、Javaをインストールしなくてもアプリが使えるようになることも、実現できます。 【「CheerpJ」が間もなく公開、JavaアプリをJavaScriptのWebアプリ…

アジャイル開発におけるドキュメント

システム開発において、大抵の場合は要件定義書や設計書などのドキュメントは残すと思いますが、アジャイル開発を採用するケースではドキュメントは納品物として作成されない場合もあるそうです。もちろん納品物の内容について顧客と認識合わせをせずに進め…

組織が失敗するとき

日本の会社は現場は優秀だが、経営がいまいちという話は、今に始まったことではないですが、もう少し具体的にどういう点がダメなのかというのを掘り下げてみたいと思います。 まずは、下記の記事をご覧いただきたいのですが、どうしても会社が大きくなるとリ…

UWPアプリとは

UWPアプリという言葉を時々見かけることがありますが、Windowsのアプリであるということは認識できるものの、今までのアプリとどう違うのかというのを少し調べてみました。 UWPはユニバーサルWindowsプラットフォームと呼ばれるもので、Windows10から導入さ…

システム開発のマネジメントで大事なこと

以前に本ブログで管理職についてふれましたが、 【管理職のありかた】 http://toaruit.hatenablog.com/entry/2017/05/25/014508 今回は、システム開発の管理についてもう少しフォーカスをあててみたいと思います。 システム開発の管理というと、工数や要員な…

アマゾンフレッシュの影響

今年の4月にAmazonが生鮮食品の宅配サービス、アマゾンフレッシュを日本でも始めました。取り扱いアイテム数は10万アイテムで、かなりの本気度がうかがえます。 【「アマゾンフレッシュ」の生鮮宅配にヨーカドーとヤマトが負ける日】 http://diamond.jp/arti…

最近話題のGraphQL

IT関連の記事を見ているとGraphQLというワードを最近見かけることがあります。下記の記事に概要は書いてあるのですが、すごくざっくりいうとRESTでいけていない部分を改善した、WebAPIの新しい仕様のようなものになります。 【RESTの次のパラダイはGraphQLか…

オフショアやニアショアの苦労

オフショア開発を行うといったことは、最近では珍しくなくなりましたが、中々うまく軌道にのせるのは難しそうです。国内のニアショアでさえも、けっこう苦労するようです。 【開発残酷物語(3):カンボジアは残存率3割弱、離島の男性は全滅――山本一郎氏が聞…

要件定義の難しさ

システム開発の工程の中でも要件定義は最も不確実性が高く、漏れ等があると後々まで尾を引くこともあります。最近ではIPAが要件定義に関するガイドラインを作成しています。 【上流工程で失敗プロジェクトを防ぐ、IPA/SECがガイドブックを公開】 http://itpr…

社内コミュニケーションのやり方

少し前にチャットサービスのSlackが、Amazonに買収されるのではとのニュースがありました。 【Slack、再度5億ドル調達へ――エンタープライズ・チャットサービスの確立を目指す】 http://jp.techcrunch.com/2017/06/16/20170615slack-is-reportedly-raising-an…

E2D3というプロジェクト

エクセルのグラフ等、きれいに見せたい時があると思うのですが、デフォルトで用意されているのが微妙だったり、上手く想定通り作れないということがあると思います。そんな時はオープンソースで様々なデザインが用意されているE2D3を試してみるとよいと思い…

チャットボットを作成できるサービス

最近はチャットボットが置いてあるサイトは、それほど珍しくなくなってきました。有用なボットが作成できれば、人手でやっている問い合わせ対応などの作業効率化にもつながるので、積極的に活用したいところですね。 【ボットで実現する働き方改革】 http://…

曲の雰囲気やテンポがわかる音楽検索

gracenoteというAPIを使用して、音楽の雰囲気が分かる検索を作ってみました。(相変わらずUIは微妙です) 【曲の雰囲気やテンポがわかる音楽検索】https://toaruit-1302.appspot.com/musicsearch gracenoteについては下記にAPIの使用やサンプルがあります。 …

テレビの位置付け

テレビとネットの融合がさけばれてしばらくたちますが、その間に様々なサービスが出て来ていて、従来の地上波を視る手段としてのテレビから、役割も変わってきているものと感じます。 まずハード的な観点で挙げられるのはAppleTVかなと思います。AppleTVでは…

Azure CosmosDBとは

今年の5月にMicrosoftがクラウドで使えるNoSQLのDB、Azure CosmosDBを発表しました。 【[速報]マイクロソフトがグローバル規模の分散NoSQLデータベース「Azure Cosmos DB」発表。数ミリ秒のレイテンシ保証、一貫性の強さを選択。Build 2017】 http://www.p…

Steamとは

最近気になっているWebサービスで、Steamというものがあります。Steamのサービス自体はPCゲームを中心としたソフトウェアのダウンロードが主となります。 【Steam】 http://store.steampowered.com/?l=japanese 最近は当たり前機能になってきた、複数PCでの…

継続的デリバリーについて考えてみる

少し前の話ですが、Solarisのアップデート方法が、Windows10のような継続的なアップデートとなる記事がありました。 【オラクル、「Solaris」のアップデート方法を継続的デリバリに移行へ】 https://japan.zdnet.com/article/35095641/ 継続的デリバリーはい…

マイクロサービスとモダンなERP

最近、IT系の記事をみかけるとしばしば「マイクロサービス」という言葉をみかけます。マイクロサービス自体の意味はざっくりいうと、WebでいうAPI単位でのサービスとなります。下記の記事にて解説がされています。 【「マイクロサービス」のメリットをざっく…

YOGA BOOKはかなりいいらしい

タブレットPCは世の中に浸透してきたと思いますが、その分端末も種類があってどれを選べばよいか悩むと思います。タブレットPCの中で、今個人的にはYOGA BOOKが気になっているので紹介します。 【ASCII編集部ゆうこばがおすすめ現代のデジタル手書きPCの究極…

最近話題になっているKotlin

少し前にAndroidが開発言語として、Kotlinの使用ができることが発表されました。 【[速報]「Kotlin」がAndroidの正式な開発言語に。開発元のJetBrainsとGoogleが「Kotlin財団」の設立も計画。】 http://www.publickey1.jp/blog/17/kotlinandroidjetbrainsg…

VALUというサービス

今年の5月にVALUという、個人の価値を株式のように売買できるサービスが始まりました。 【トップユーザーが解説!話題の革命的サービス「VALU」の始め方】 http://lite.blogos.com/article/226959/ 取引はビットコインを使用し、出資者は上場されている個人…

オープンソースでデータフローを可視化

昨今のシステムでは、いろいろなところからデータを取得することがあり、どこからどこにつながっているか分からなくなることが、分からなくなることがあると思います。データの流れをGUIで設定できるオープンソース、Apache NIFIを検討してもよいかもしれま…

経営でとるべきリスク

リスクをとって経営をするのが経営者の仕事、といわれることもありますが東芝や日本郵政の事例のように大型M&Aをやって失敗してしまっては元も子もありません。経営者がどうリスクをとるかというのは難しい課題で、吉野家で社長が交代した時もいろいろと後継…

本当にOSSの選択がよいか

オープンソース(OSS)はライセンス料がかからない、かつ機能的にもベンダー製品と肩を並べる部分もあり、システム構築時の現実的な選択肢となっていると思います。特に価格面の観点からOSSでよいと考えてしまいがちですが、今後の運用を見据えると実はそうと…

UPQの騒動とアメリカでの品質

少し前にUPQというベンチャー企業が、スマホの発火やディスプレイの誤記載で話題となっていました。UPQは製品自体は中国で生産しているとのことですが、品質確認が不十分だという指摘をネット上で受けています。 また一方では、ミスの批判ばかりでは日本のベ…

MySQLとPostgreSQL

以前にもこのブログでRDBMSの選定は、厳密にやろうとすると難しいと書きましたが、 【DB選定の難しさ】 http://toaruit.hatenablog.com/entry/2016/12/23/182410 OSSを採用する場合、MySQLかPostgreSQLというのは悩みどころなのでもう少し深堀りしてみます。…

プレミアムフライデーと働き方改革

今年の2月にプレミアムフライデーが始まってから少したちましたが、浸透しているとは言えない状況のようです。 【プレミアムフライデー本格導入は業務改善から? 約9割が「会議で結論を出す工夫をしていない」と回答】 https://news.careerconnection.jp/?p=…

能力主義とピープル・アナリティクス

日本のIT企業は未経験や文系の人を、今でも多く採用しています。かくいう私も未経験でITの会社に入った一人ではありますが、未経験者でも入れてしまうというのは日本特有かもしれません。 【日本のITがダメな本当の理由】 https://wirelesswire.jp/2017/01/5…

ベアメタルクラウドとは

最近ちょくちょくIT系の記事で見かける「ベアメタルクラウド」という言葉。そもそもこれって何?、というところから調べてみました。 まずはベアメタルの意味ですが、下記のIT用語辞典のサイトにある通り、元々の意味はソフトウェアが入っていない空の状態を…

社内SEの働き方

社内SEというと、納期や顧客要望に追われることがないイメージがあり、エンジニアの職場として働きやすいのかなと思われます。ただ、下記の記事のように予算がカットされて、人員も減らされるということもあるので、各社の状況によって仕事内容も変わると思…

IT業界での残業規制

残業規制がさけばれてから少し経ち、各企業でも残業時間の課題があがるようになってきていると思います。ことITに関しては元々残業時間が比較的多い業界であり、すぐに残業時間を減らせといわれても、中々大変なようです。 【現場は悲鳴、空回りする大手ITの…

管理職のありかた

IT業界に限った話ではないのですが、管理職はどの業種においても悩みがつきない立場かと思います。管理職に課されている役割は調べてみると意思決定や人材育成など多くありますが、何れにおいても他の人に動いてもらわないことには始まりません。なので、本…

ソフトウェアライセンスの複雑さ

企業では様々なソフトウェアを使って業務をしていると思いますが、どのくらいのライセンスを自社で使っているかきちんと把握すること自体も中々大変というところがあります。加えて、各ソフトウェアにかかるライセンスの体系を、利用者側が知らずに使ってい…

JavaScriptでのセキュリティ

Webへの攻撃手法といえば、クロスサイトスクリプティング(XSS)が有名で、昔からその対策方法はネット等で取り上げられていました。私が仕事でWEBに携わっていたときは、サーバサイドのプログラムでサニタイジングすればよいという感じだったのですが、最近は…

M&Aとガバナンス

東芝の会計問題が連日のように、ニュースで取り上げられてきていますが、この問題を期にガバナンスについても論じられています。日本政府としてもコーポレートガバナンスコードが掲げられていて、ガバナンスの重要性自体は揺るぎないのですが、通り一辺の対…

HTML・JavaScriptでアプリを作る

HTMLとJSでオフラインでも動くページは作れますが、最近はアプリも作れるそうです。けっこう事例もあって、SlackのアプリやVisualStudioCodeにも使われています。 【HTML5でクロスプラットフォームなデスクトップアプリを開発できる「Electron」とは】 https…

CSV・共通価値の創造とは

CSVというと、システムを少し触ったことがある人だとファイルの拡張子が浮かぶと思いますが、今日取り上げるのは共創価値の創造になります。この概念自体は経営学で有名なポーター教授が提唱したもので、基本的な考え方は下記記事に書かれています。 【企業…

PBとAmazonとAlexa

PB(プライベートブランド)は一昔前に比べるとかなり浸透していて、セブンイレブンに行くとセブンプレミアムの商品が棚の一定割合を占めています。PBはコンビニやスーパーにいくと大体置いてありますが、ネットでもAmazonは力を入れてるとのことです。 【Amaz…

スピンオフという手段

スピンオフというと、よくドラマのスピードオフ作品というのを聞くと思いますが、会社の事業分割を行う際の手法としてもこの言葉は用いられています。スピンオフは、自社の一事業を別会社として切り出すという手法ですが、日本だと事業売却とみなされ課税さ…

NoSQLの使いどころ

NoSQLが世の中に認知されてから少し時間がたちましたが、特に企業向けのシステムでは旧来のRDBMSがまだまだ使われていると思います。もちろん、NoSQLの方が適しているケースもあるので選択肢に入れつつ検討を行いたいものです。少し前の記事ですが、下記に各…

ネットでの炎上について考えてみる

今やネットのどこかで炎上騒ぎがおこることは日常茶飯事で、手軽に情報発信ができる時代になった反面、問題が起きているといえるでしょう。炎上とは、ある発信された情報に対して批判的な書き込みが殺到することですが、炎上が発生する要因もいくつかありま…

ITILとDevOps

大規模なシステムになるとシステムの運用にあたってルール決めをしなければいけなくて、概ねITILをベースに運用していくことが多いかなと思います。ITILはざっくりいうと、システムの障害や変更時、誰がどのように対応すればよいかを定める為のガイドライン…